「学校へ戻すことがゴールじゃない」文科省が不登校対応の歴史的な見直しへ(石井志昂) – Yahoo!ニュース

 国が50年以上も続けてきた不登校対応を変えようとしています。新しい法律がつくられ「学校へ戻すことだけがゴールじゃない」との新方針が示されたからです。いま国は、新方針の徹底へと乗り出しています。

情報源: 「学校へ戻すことがゴールじゃない」文科省が不登校対応の歴史的な見直しへ(石井志昂) – Yahoo!ニュース

 

ようやくですね。

多くの支援団体が切々と訴えてきた事が、形になろうとしているようで、わたしもうれしい!!

どうかこれが良い形で子供たちの生活を変えてくれることを祈ります。

達障害・アスペルガー症候群による体調不良について

子どもの頃には多動傾向だった発達障害児も、大人になるにつれ体調不良の問題が出てくることがあります。
ここでは、多くの成人発達障害者が悩んでいる体調不良について、ご説明したいと思います。
アスペルガー症候群を含め、大人の発達障害にはコミュニケーションの問題だけでなく、身体障害の側面もあるということをご理解いただけると助かります。 ・・・

発達障害者が訴える、「体調不良」「体力がない」「疲れやすい」の真相についてお話します

大人の発達障害“グレーゾーン”の人たちの悩み――なんとか日常生活は送れるけれど… | 日刊SPA!

発達障害は人によって、症状の軽度/重度も千差万別だ。ハッキリと特徴が出る人がいる一方で「症状はあっても、なんとか日常生活を送れるような人は“グレーゾーン”と呼ばれます」と話すのは、ADHD特性を持つ会社員のオムさん(ハンドルネーム・30代)だ。「もともと10代から発達障害っぽさを感じていましたが、20代前半でうつ病になり、その頃からハッキリと『自分はそうなんだ』と認識したんです。けど、医師からは『クロに近いグレー』と言われ、要は障害者手帳をとったり薬を飲むほどじゃないという診断でした」

情報源: 大人の発達障害“グレーゾーン”の人たちの悩み――なんとか日常生活は送れるけれど… | 日刊SPA!

 

あるあるですね・・・・。