大人の発達障害あるあるラボ5/19

長野県中信地区の発達障害の当事者サークル、あるあるラボです。
今回は大人の悩み(就労や恋愛など)中心に話し合います。
聞くのみの参加もOKです。

詳細は公式ページ(下部)参照。

https://sites.google.com/view/aruarulabotalklive/

もうPDCAの時代じゃない!恐れずに「DCPA」サイクルへ

グーグル、マッキンゼー、リクルート、楽天など12回の転職を重ね、「AI以後」「人生100年時代」の働き方を先駆けて実践する尾原和啓氏が圧倒的な経験の全てを込めた新刊、『どこでも誰とでも働ける』。同書より、「PDCAサイクルの否定」という衝撃的な項目を紹介します。

情報源: もうPDCAの時代じゃない!恐れずに「DCPA」サイクルへ

 

これからの時代はこれでしょ!

信州大学医学部子どものこころの発達医学教室開設記念講演会のおしらせ

「自閉スペクトラム症(ASD)のこころの発達を支援する児童精神科医療の可能性」

講師:齊藤万比古先生
(社会福祉法人恩賜母子愛育会、児童福祉精神保健部長 愛育相談所所長)
日時:2018年5月12日 14:00~16:00(13:30開場)
場所:信州大学松本キャンパス 旭総合研究棟9階講義室
駐車場は信大病院の駐車場をご利用ください
対象  どなたでもご参加いただけます
定員  150名(先着順)
参加費  無料

▶申込みはこちらから
▶申込み後キャンセルはこちらから

●信州大学医学部子どものこころの発達医学教室設置のおしらせ

平成30年4月1日付けで小児医学教室と精神医学教室の合同で「子どものこころの発達医学教室(本田秀夫教授)」を開設しました。これは、発達障がいの診療体制整備のため、長野県から委託(長野県発達障がい診療人材育成事業)をうけて、診療専門医を養成し、県内の医療機関等に配置することで、全県で格差なく発達障がいの診療が受けられるような地域の体制を整備していきます。教育・福祉・保健・労働等の関連機関と連携しながら、発達障がいを中心とした新たな子どものこころの支援ネットワークを構築していきます。

案内ちらし

 

※ホームページより抜粋

2020へ 切実な願い|NHK NEWS WEB

「ヘルプマークを知ってほしい」「エスカレーターに立ち止まって乗りたい」切実に願っている人がいます。

情報源: 2020へ 切実な願い|NHK NEWS WEB

みんなで気をつけたいですね。

シリーズ発達障害 子どもが「発達障害かも」と言われたら・・・4/16

去年からシリーズでお伝えしている発達障害の第5弾。今回のテーマは「発達障害のグレーゾーン」です。

情報源: NHKあさイチ

チェック:宮城まり子さん91歳 障害児73人の母 「ねむの木学園」に愛注ぎ50年

体が不自由な子どもたちのための養護施設として、女優の宮城まり子さん(91)が日本で初めて設立した「ねむの木学園」(静岡県掛川市)が6日に50周年を迎える。売名行為との批判を乗り越え、半世紀にわたり子どもたちに寄り添い続けた宮城さん。「健康な人も、そうでない人も集まれる場所をつくりたい」と今も夢を追

情報源: チェック:宮城まり子さん91歳 障害児73人の母 「ねむの木学園」に愛注ぎ50年

わたしも発達障害者のためのシェアハウスをつくりたい。

自閉スペクトラム症 早期発見で支援を|けさのクローズアップ|NHK おはよう日本

情報源: 自閉スペクトラム症 早期発見で支援を|けさのクローズアップ|NHK おはよう日本

 

百万人、もっといると思いますよ~。”実は多数派だった”的になりそうな予感