障害者雇用:「なめられた」 国の不正に怒りやあきれ声

 誰もが平等に社会に参加できる「共生社会」の実現を理念として、国が率先して進めたはずの障害者雇用制度。肝心の中央省庁が目標を下回っていたのに数字を水増ししていた疑惑が浮上した。不正は常態化していた可能性もあり、障害者雇用に取り組む企業や障害者団体からは怒りやあきれる声が相次いでいる。【金秀蓮、原田啓

情報源: 障害者雇用:「なめられた」 国の不正に怒りやあきれ声

フォローしてください。

水の大量摂取は注意 「水中毒」になることも

水をガブガブ飲み過ぎると「水中毒」になることがあります。疲労感、頭痛、めまい、ケイレンなどが現れ、重症だと亡くなることもある怖い病気です。水を大量摂取すると、なぜ水中毒になるのでしょうか?

情報源: 水の大量摂取は注意 「水中毒」になることも

 

きをつけよう・・・。

フォローしてください。

「学校へ戻すことがゴールじゃない」文科省が不登校対応の歴史的な見直しへ(石井志昂) – Yahoo!ニュース

 国が50年以上も続けてきた不登校対応を変えようとしています。新しい法律がつくられ「学校へ戻すことだけがゴールじゃない」との新方針が示されたからです。いま国は、新方針の徹底へと乗り出しています。

情報源: 「学校へ戻すことがゴールじゃない」文科省が不登校対応の歴史的な見直しへ(石井志昂) – Yahoo!ニュース

 

ようやくですね。

多くの支援団体が切々と訴えてきた事が、形になろうとしているようで、わたしもうれしい!!

どうかこれが良い形で子供たちの生活を変えてくれることを祈ります。

フォローしてください。

達障害・アスペルガー症候群による体調不良について

子どもの頃には多動傾向だった発達障害児も、大人になるにつれ体調不良の問題が出てくることがあります。
ここでは、多くの成人発達障害者が悩んでいる体調不良について、ご説明したいと思います。
アスペルガー症候群を含め、大人の発達障害にはコミュニケーションの問題だけでなく、身体障害の側面もあるということをご理解いただけると助かります。 ・・・

発達障害者が訴える、「体調不良」「体力がない」「疲れやすい」の真相についてお話します

フォローしてください。